月別: 2017年1月

動画制作会社によって製作された動画は携帯やパソコンなどに主流となって流されるメディアツールですが、提供できるサービスは大変幅広いです。商品PRはもちろんアプリなど形のないサービスの紹介や啓発効果を狙った公共広告、求人やビジネスパートナーを求めるプロモーションや会社案内などあらゆるものを映像化します。

エンターテイメント色が強い作品となる事が多いですから、多くの人の目にもとまります。最も影響力のある宣伝ツールが動画だと思って間違いありません。映画製作とはまた違う分野ですが映画のように完成度・エンターテイメント、いずれの要素も強いインパクトを与えるものに仕上げる事も可能ですから、すべては予算次第です。テレビや映画放映と違いターゲットを絞っての制作もできますから、WEBコンテンツとして設置する事も可能ですし、コンバージョン率の追跡は常時行っている業者は多いですから収益もスムーズに得られます。

社内研修用に依頼が届く事もありますが、画像で自社製品の詳細を見せられるのですから説得力のある強烈な画像制作になるはずです。俳優も使うわけですからけして安くはありませんが、仮に失敗しても後戻りできる範囲である事も、気楽に取り組めるツールとして導入が進んでいる由縁です。実写は俳優を使う都合で若干高くなるのですが、アニメにするなら格安で制作できます。ストーリー性にする事のメリットは視聴者が自己投影する事によって使い勝手の良さを直接感覚にうったえかける点です。意識改革効果があります。WEBサービスとして提供する場合は画像データーの指定もできます。

大手生命保険会社のCMで話題となった実例ですが、“絆”をテーマにした写真の投稿を一般市民から募集しCM内で紹介するという、画期的な動画作品が連日テレビ放映されました。印象深いバック音楽と共に視聴者に届けられた写真の一枚が感動の渦を巻き起こし、映画化もされて会社のイメージアップにもなり社会現象も引き起こしました。

動画制作会社を通じて制作される動画は商品説明だけではなく、会社の名前と業務内容も知って欲しい時も役に立つ販促コンテンツになり得るのです。素人では難しい完成度の高さを期待できるのもプロならではですし、会社で可能なサービスや利用するメリットなども文字だけでは説明しきれない部分をカバーしてくれますから、今後はプロモーションの主流となっていく傾向を示唆しています。

商品というより会社の知名度をあげるために動画制作会社ができる事は豊富にあります。映像を通して描かれるシーンは確実に印象として脳に焼き付ける効果が大きいですから、パンフレットよりも効果的ですし、安く宣伝できるという意味ではむしろ中小規模企業向けですし、スマホ全盛時代の今は携帯ユーザーにまでPRできますから市場拡大を効果的に行いたい時も有効に働きます。

利用者の中にはデジタルメディア会社もありサービス内容を簡単にまとめた映像や、実際の使い方説明を画像化にしたものを通して営業活動につなげていく試みもされています。このようにサービス概要をまとめて利用するメリットを、不特定多数のビジネスユーザーもしくは対象を絞っての映像サービスも可能となります。ネットユーザーが全世界に散在している現況の中でITを駆使して映像PRを放映するという事はまさに次世代のPR手法です。今回は動画制作会社のサービスを利用して会社紹介動画の制作についてのお話です。

外部サイト・・・ムビラボ
動画制作会社です。